受け取れるケース

一般のサラリーマン世帯で大黒柱である世帯主が亡くなった場合、原則として遺族年金が支給されます。
遺族年金とひとくちに言っても、遺族基礎年金と遺族厚生年金に分類する事ができサラリーマンとして働いていた場合なら両方を
受け取れることになります。

 
ただ、この遺族年金を受け取れる条件はいくつかのケースがあり、世帯主が死亡した時点において生計を同一にしている事と、
世帯主が公的年金に加入している事、加えて公的年金の加入期間が遺族年金を受給するに当たって加入期間を満たしている事
が絶対条件です。

 
従って、サラリーマンの世帯主が死亡したからといって遺族年金が貰える訳ではなく、たとえ公的年金に加入していたとしても、期間が短ければ受給対象にはならない事もある事を予め理解しなければなりません。

 
中には、死亡した世帯主の公的年金の加入期間がわずかに足りないせいで遺族年金を受給できないという悲惨な話も聞きます。
こういった悲劇を繰り返さないためにも、主たる世帯主は万一自身が死亡しても残された家族がお金に困らないような手段を講じると同時に、公的年金の加入期間についても中断期間が存在していないか等関心を持つ事が何よりも重要でしょう。

Comments are closed.