受給額の目安

日本での年金制度に関しては多くの人が不安を抱える様になりましたが、具体的に将来自分がどれだけの金額を受給できるのかを明確に知って入るでしょうか。そしてもし自分が亡くなってしまった際の遺族へ支払われる年金に関しても、どういった条件のもと制度が成り立っているのかまで知っておく事をお勧めします。

 
例えば遺族厚生年金に関しては、配偶者と子供、父母、孫、祖父母の順番で支給される規定になっています。上位者が受取った場合、下位の遺族は受給権を失う事になります。そして受給額に関しては、報酬比例の年金額の4分の3と決まっています。実際に受取る事が出来る金額よりも25パーセント減るという事を一つの目安として覚えておきましょう。数字を目安として覚えておく事で、もしもの時に具体的にどれぐらいの金額が遺族に支給されるのかを知る事が出来ますので、残された遺族が受給出来る金額で経済的にある程度の安心感を得る事が出来るかもしれません。遺族年金の受取る事が出来る年金額は、自身が生存していた場合に受取る事が出来る金額を元に換算されますので、最初に自分が生存していたと仮定した場合に受取る事が出来るトータルの年金額を計算してから、遺族年金の金額を計算する事をお勧めします。

Comments are closed.