遺族の妻の年齢との関係

厚生年金や国民年金、共済年金のいずれかに加入していた方が亡くなると、扶養家族は保証を受けることが出来ます。
それを遺族年金といいますが、基本的に遺族年金は亡くなった方の収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が受給の対象となります。

 
ただし、遺族年金は加入していた年金の種類や家族構成、年齢によって受給の条件が様々ですので確認することが重要です。

 
例えば、夫が亡くなってしまった時、厚生年金と共済年金の場合、配偶者である妻と子供は遺族年金の受給対象となります。

 
しかし、厚生年金では受給権を取得した時の年齢が30歳未満で子供がいない場合は、支給期間を五年にするという措置が講じられています。
また共済年金では、18歳未満の子供がいる場合や20歳到達までの障害がある子供まではそれを扶養する義務のある配偶者は受給対象となっていますが、子供がいなければ受給の対象外となっています。また子供が18歳以上になると受給することは出来なくなります。
また年金法の改正に伴い、夫の死亡当時に40歳以上65歳未満で子供がいない配偶者の場合は、中高齢寡婦加算の権利が生じ、40歳からその支給を受け取れるようになっています。

Comments are closed.