遺族共済年金

日本においては、全ての人が年金制度に加入することになっています。どのような年金制度に加入するかは、それぞれの勤務状況によって変わってきます。たとえば、株式会社などの民間企業に勤めている人は、原則として厚生年金に加入しています。また、自営業者の場合や、一部の民間企業の場合は、国民年金に加入することになります。年金に加入しない状態というのは許されていないので、注意しなければなりません。そして、公務員の場合は、国民年金や厚生年金とは異なり、共済年金という年金に加入することになります。共済年金は、国民年金よりは厚生年金に近いタイプの年金です。

 

 

共済年金について考えた場合、遺族共済年金というものに関する理解が重要になります。これは、組合員が特定の事由によって死亡した場合、遺族に対して年金が支給されるというものです。特定の事由としては、いくつかのものが指定されています。まず、組合員が死亡した場合です。次に、組合員である間に初診日がある疾病で、退職後、初診日から5年以内に死亡した場合です。第3に、障害年金などの受給権者が死亡した場合、そして第4に、組合員期間が25年以上、または退職共済年金の受給権者が死亡した場合です。

Comments are closed.