遺族厚生年金

ダーツ02近年、年金に関する数多くのニュースを目にする事が増えて来ましたが、日本に存在する各種年金の種類をご存知でしょうか。

 

年金の仕組みは国民すべて同じではなく、違った年金制度が存在しています。

 

例えば、死亡した際の年金給付はすべての国民もしくは自営業者等の第1号被保険者が加入する国民年金が給付する遺族基礎年金と、サラリーマン等の第2号被保険者が加入する厚生年金から給付される遺族厚生年金があります。

 

そしてサラリーマンの方は国民年金と厚生年金共に加入する事になります。

国民年金が給付する遺族に対する給付は受給対象となる遺族も遺族基礎年金とは異なって来ます。

配偶者と子、父母、孫、祖父母と遺族基礎年金と比較すると受給出来る遺族の幅が非常に広くなっているのが特徴です。

配偶者から祖父母に至まで、受給出来る順位となり上位の人が受取ると次の順位の人は受取る資格を失う仕組みとなっています。

つまり、実際に自分の家族関係に当てはめてみると誰が受給する事が出来るのかを知る事が出来ます。

 

しかし受給出来る人にもいくつかの条件が存在し、子の年齢や夫の年齢等制限まで確認する事でより明確な受給者を事前に知る事が出来ますので、現在の段階での将来受給出来る遺族に関して一度調べてみる事をお勧めします。

Comments are closed.