遺族基礎年金

日本には数多くの年金制度が存在しており、大きく分けると公的年金と私的年金と二つに分ける事が出来ます。その公的年金の中でも多くの人が加入している年金として、自営業者の人等20歳以上60歳未満のすべての人が加入している国民年金と、サラリーマンや公務員等が加入している厚生年金が存在し、サラリーマンや公務員の人は国民年金と厚生年金共に加入する事となっています。しかし第1号被保険者と呼ばれる自営業者等の人達は、国民年金のみの加入となり将来的に老齢基礎年金や遺族基礎年金等の受給や場合によっては障害基礎年金が受給出来る事となっています。

 
サラリーマン等の第2号被保険者等は国民年金とさらに上乗せした厚生年金へ加入しているため、将来的にも二つの年金を受給出来る権利を持っていますが、第1号被保険者達は一つの年金制度にのみ加入となりますので、将来的な不安を抱えている人達は企業年金や個人年金等の私的年金に上乗せで加入する事が出来ます。近年では民間の保険会社でも個人年金の商品も増加傾向にあります。将来死亡した際の保証を手厚くしたい、家族に満足な資金を残したいという人達は公的年金のみにとどまらず、さらなるプラスの年金制度への加入を検討した方がいいでしょう。

Comments are closed.