Archive for the ‘未分類’ Category

受給額の目安

日本での年金制度に関しては多くの人が不安を抱える様になりましたが、具体的に将来自分がどれだけの金額を受給できるのかを明確に知って入るでしょうか。そしてもし自分が亡くなってしまった際の遺族へ支払われる年金に関しても、どういった条件のもと制度が成り立っているのかまで知っておく事をお勧めします。

 
例えば遺族厚生年金に関しては、配偶者と子供、父母、孫、祖父母の順番で支給される規定になっています。上位者が受取った場合、下位の遺族は受給権を失う事になります。そして受給額に関しては、報酬比例の年金額の4分の3と決まっています。実際に受取る事が出来る金額よりも25パーセント減るという事を一つの目安として覚えておきましょう。数字を目安として覚えておく事で、もしもの時に具体的にどれぐらいの金額が遺族に支給されるのかを知る事が出来ますので、残された遺族が受給出来る金額で経済的にある程度の安心感を得る事が出来るかもしれません。遺族年金の受取る事が出来る年金額は、自身が生存していた場合に受取る事が出来る金額を元に換算されますので、最初に自分が生存していたと仮定した場合に受取る事が出来るトータルの年金額を計算してから、遺族年金の金額を計算する事をお勧めします。

妻がなくなった場合、遺族の夫は貰えるのか

ダンベル

 

夫が死亡した場合、妻は遺族年金を受け取れると聞いたことがあると思いますが、奥様が無くなった場合は、どのようになるかと考えたことは、ありませんか?
答えは、労災でない限り夫は貰うことができません。

 
例えば想像してみてください。、夫婦2人暮らしであれば、貰える資金等が無くても何とか生活することが出来ますが、子供がいた場合は、どの様になるのでしょうか?

 
食事の準備、洗濯や掃除、学校行事の参加や送迎など近くに親戚がいても毎回お願いするのは、恐縮な気持ちになりますよね。ましてや、無料でお願いすることは出来ないから、それなりの対価を支払うのが常識ですよね。

 
やはり、悲しみとともに貧しさが訪れない為にも任意保険に加入することが一番だと思います。

 
奥様がなくなった場合、遺族のご主人が貰える資金といえば、死亡保険給付金です。葬儀費用くらいしか死亡保険金額を掛けていらっしゃらなかれば、もう少し増額することをおすすめします。
その理由は、小さいお子様がいらっしゃれば、最低でも高校卒業まで保障できる保険金額と保険期間を設定していただきたいからです。
一人で家事や仕事、子育て、近所の付き合いなど完璧にこなせる方はいません。
この機会に、保険のことを考えてみてはいかがでしょうか。

遺族の妻の年齢との関係

厚生年金や国民年金、共済年金のいずれかに加入していた方が亡くなると、扶養家族は保証を受けることが出来ます。
それを遺族年金といいますが、基本的に遺族年金は亡くなった方の収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が受給の対象となります。

 
ただし、遺族年金は加入していた年金の種類や家族構成、年齢によって受給の条件が様々ですので確認することが重要です。

 
例えば、夫が亡くなってしまった時、厚生年金と共済年金の場合、配偶者である妻と子供は遺族年金の受給対象となります。

 
しかし、厚生年金では受給権を取得した時の年齢が30歳未満で子供がいない場合は、支給期間を五年にするという措置が講じられています。
また共済年金では、18歳未満の子供がいる場合や20歳到達までの障害がある子供まではそれを扶養する義務のある配偶者は受給対象となっていますが、子供がいなければ受給の対象外となっています。また子供が18歳以上になると受給することは出来なくなります。
また年金法の改正に伴い、夫の死亡当時に40歳以上65歳未満で子供がいない配偶者の場合は、中高齢寡婦加算の権利が生じ、40歳からその支給を受け取れるようになっています。

子どもがいる場合、いない場合

気になる遺族年金は、そのままにせず今から知識を身につけ学んでおく方がいいのです。
夫の死亡時には公的年金から遺族年金が支給されるのです。

 
これは、身近に感じないと全く意識することがなく知らずに過ごしてしまいます。

ダーツ04
それでも、健康が一番良い条件で家族揃ってずっと暮らせることが理想なのですが、病気や事故はいつ襲ってくるか検討もつかないため家族を抱えている方ならば何かあったときにどういった方法で遺族年金が支給されるのか条件もいくつかありますから、調べてみたり確認しておくといいでしょう。
遺族年金という言葉を聞くことはありますが、それは18歳到達年度の末日までの子ども以下、一定の子がいる妻が受け取ることができるのです。
なので妻一人だった場合や18歳到達年度の末日が過ぎた子では支給されないのです。

 
ここの辺りはややこしさがありますからもしもらうのならしっかり確認しておきましょう。

 
支給額は78万6500円プラス子の加算で計算します。
子1人は22万6300円、子2人は45万2600円、子3人以降は1人当たり7万5400円加算されますのでこちらもお子さんが多い方なら知っておくと後で受け取る時にどうしてこの金額なのか納得がいきます。

 

受け取れるケース

一般のサラリーマン世帯で大黒柱である世帯主が亡くなった場合、原則として遺族年金が支給されます。
遺族年金とひとくちに言っても、遺族基礎年金と遺族厚生年金に分類する事ができサラリーマンとして働いていた場合なら両方を
受け取れることになります。

 
ただ、この遺族年金を受け取れる条件はいくつかのケースがあり、世帯主が死亡した時点において生計を同一にしている事と、
世帯主が公的年金に加入している事、加えて公的年金の加入期間が遺族年金を受給するに当たって加入期間を満たしている事
が絶対条件です。

 
従って、サラリーマンの世帯主が死亡したからといって遺族年金が貰える訳ではなく、たとえ公的年金に加入していたとしても、期間が短ければ受給対象にはならない事もある事を予め理解しなければなりません。

 
中には、死亡した世帯主の公的年金の加入期間がわずかに足りないせいで遺族年金を受給できないという悲惨な話も聞きます。
こういった悲劇を繰り返さないためにも、主たる世帯主は万一自身が死亡しても残された家族がお金に困らないような手段を講じると同時に、公的年金の加入期間についても中断期間が存在していないか等関心を持つ事が何よりも重要でしょう。

遺族年金が受け取れる対象者

年金に関するニュースは日々大きく取り上げられる事もある程、日本人が非常に興味があり不安を抱えている事の一つではないでしょうか。しかし、年金に関する各種情報を知らない人も多く、より身近に感じられる様によりよく年金に関しての知識を増やして行く事をお勧めします。実際、年金を毎月支払いその年金はどの様に自分の手元や、死亡した際に遺族に支払われるのかは非常に重要です。死亡した際の遺族年金に関しては、大きく分けて二つに分かれ給付される対象者も変わって来ます。

ダーツ03
まずは遺族基礎年金に関しては、受給出来る対象者は死亡した人の妻であり18歳にまでの子と生計を共にしている人と、18歳までの子供に限ります。そして、二つ目の遺族厚生年金の受給対象者は配偶者もしくは子、父母、孫、祖父母の順番で受給し、上位者が受給をした場合次の順番の人が受給出来る様になっています。大きく分けて二つの年金受給があるため、対象者も大きく変わって来ますので事前に知っておく事で、もし自信が死亡した際に誰に年金を受給出来るのかを知る事が出来ます。家族を養っている人、両親や祖父母を生計を共にしている人等、自信が生計を立てているのであればなおさら重要になりますので、自信を重ね合わせて知っておきましょう。

遺族共済年金

日本においては、全ての人が年金制度に加入することになっています。どのような年金制度に加入するかは、それぞれの勤務状況によって変わってきます。たとえば、株式会社などの民間企業に勤めている人は、原則として厚生年金に加入しています。また、自営業者の場合や、一部の民間企業の場合は、国民年金に加入することになります。年金に加入しない状態というのは許されていないので、注意しなければなりません。そして、公務員の場合は、国民年金や厚生年金とは異なり、共済年金という年金に加入することになります。共済年金は、国民年金よりは厚生年金に近いタイプの年金です。

 

 

共済年金について考えた場合、遺族共済年金というものに関する理解が重要になります。これは、組合員が特定の事由によって死亡した場合、遺族に対して年金が支給されるというものです。特定の事由としては、いくつかのものが指定されています。まず、組合員が死亡した場合です。次に、組合員である間に初診日がある疾病で、退職後、初診日から5年以内に死亡した場合です。第3に、障害年金などの受給権者が死亡した場合、そして第4に、組合員期間が25年以上、または退職共済年金の受給権者が死亡した場合です。

遺族厚生年金

ダーツ02近年、年金に関する数多くのニュースを目にする事が増えて来ましたが、日本に存在する各種年金の種類をご存知でしょうか。

 

年金の仕組みは国民すべて同じではなく、違った年金制度が存在しています。

 

例えば、死亡した際の年金給付はすべての国民もしくは自営業者等の第1号被保険者が加入する国民年金が給付する遺族基礎年金と、サラリーマン等の第2号被保険者が加入する厚生年金から給付される遺族厚生年金があります。

 

そしてサラリーマンの方は国民年金と厚生年金共に加入する事になります。

国民年金が給付する遺族に対する給付は受給対象となる遺族も遺族基礎年金とは異なって来ます。

配偶者と子、父母、孫、祖父母と遺族基礎年金と比較すると受給出来る遺族の幅が非常に広くなっているのが特徴です。

配偶者から祖父母に至まで、受給出来る順位となり上位の人が受取ると次の順位の人は受取る資格を失う仕組みとなっています。

つまり、実際に自分の家族関係に当てはめてみると誰が受給する事が出来るのかを知る事が出来ます。

 

しかし受給出来る人にもいくつかの条件が存在し、子の年齢や夫の年齢等制限まで確認する事でより明確な受給者を事前に知る事が出来ますので、現在の段階での将来受給出来る遺族に関して一度調べてみる事をお勧めします。

遺族基礎年金

日本には数多くの年金制度が存在しており、大きく分けると公的年金と私的年金と二つに分ける事が出来ます。その公的年金の中でも多くの人が加入している年金として、自営業者の人等20歳以上60歳未満のすべての人が加入している国民年金と、サラリーマンや公務員等が加入している厚生年金が存在し、サラリーマンや公務員の人は国民年金と厚生年金共に加入する事となっています。しかし第1号被保険者と呼ばれる自営業者等の人達は、国民年金のみの加入となり将来的に老齢基礎年金や遺族基礎年金等の受給や場合によっては障害基礎年金が受給出来る事となっています。

 
サラリーマン等の第2号被保険者等は国民年金とさらに上乗せした厚生年金へ加入しているため、将来的にも二つの年金を受給出来る権利を持っていますが、第1号被保険者達は一つの年金制度にのみ加入となりますので、将来的な不安を抱えている人達は企業年金や個人年金等の私的年金に上乗せで加入する事が出来ます。近年では民間の保険会社でも個人年金の商品も増加傾向にあります。将来死亡した際の保証を手厚くしたい、家族に満足な資金を残したいという人達は公的年金のみにとどまらず、さらなるプラスの年金制度への加入を検討した方がいいでしょう。